ETCカードの詳細について知っておこう

○ETCカードとはどんなカードなの?

ETCカードは、ETCのシステムを使って有料道路を通行する場合に、その通行料を支払うためのICカードです。クレジットカードの会社が発行するETCカードに加え、東、中、西日本それぞれの高速道路株式会が発行するETCコーポレートカードがあります。カードの中には料金の決済に必要になる情報が内蔵されています。ETCカードは、通常は親カードとなるクレジットカードに付帯される形で発行されます。よって、ETC以外では利用することができません。発行するためには、クレジットカード会社による審査が行われますが、現在、クレジットカードを利用していてその会社のETCカードを申込むのならば、滞りなく発行されるでしょう。ETCカードおすすめはこちら

○一体型と専用カードの違いについても知っておくことが大事!

ETCカードには、クレジットカードと一体型になっているタイプと専用のカードが発行されるタイプがあります。一体型は、クレジットカードとETCカードが一緒になっているため、カードを複数枚所有せずに済みます。しかし、ETCカードは車で使うという点もあってか車内に置きっぱなしにすることもあるでしょう。そうなると防犯の面でも好ましくないため、クレジット機能の付いたカードとは分けて利用することも一案です。専用カードは、ETCでの料金精算のみに特化したカードであり、カードでショッピングなどをすることができません。もし盗難に遭ったとしても、高速道路の料金所を通ることにしか使えせんので、防犯を考えると安心感を持てるでしょう。

○ETCカードは何枚でも持つことができる点が便利

ETCカードは、何枚でも所持することが可能です。中には、その場によってカードを色々と使い分けをしているという事例もあります。それでも、発行手数料がかからないものや、年会費もかからないカードを選ぶことがポイントであり、そうすることでお得に使うことが可能になります。また、プライベートとビジネスでカードを使い分けるという使い方もあります。個人向けと法人向けで、それぞれETCカードを作り、経費に関してきっちりとわけるという考え方もあります。これならば、調査された場合でも経費の区別がきちんとされているので、安心です。また、学生のクレジットカードでもETCカードの発行は可能です。

○1つの車載器があれば色々なETCカードが利用可能

ETCカードは、どのカードであっても同じ車載器で利用することができるか、という点が気になることもあるでしょう。国内で発行されているカードならばどのカードでも同じ車載器で利用が可能です。発行会社が違うとしても、読み取ることができるのです。もしも使用ができないという事が起きたとしたら、カード会社に言ってみることも大事です。そうすると、新しいカードを発行してもらうことができるでしょう。また、車載器を車に搭載していないという場合もあります。そういった場合は、無理にETCカードを作る必要はありません。高速道路では、クレジットカードで支払いができるケースが多いので、無理してETCカードを作る必要はないということです。クレジットカードを渡すだけで、サイン不要で通過することができます。

○家族カードにもETCカードを紐つけることができるのが魅力

クレジットカードには、家族も使うことのできる家族カードがあります。そして、それに関連付ける形でETCカードも何枚か発行してもらうこともできます。家族カードへの対応を行っているクレジットカード会社であれば、ETCカードを発行してくれるのです。親カードから1枚目のETCカードが発行され、家族カードから2枚目が発行になるということです。家族カードで作ったETCカードの利用額は、親カードを持っている方に請求されます。支払いが家族でまとめることができる点は、効率は良いと言えます。ただ、もしかしたら支払いをそれぞれに分けたいというケースもあるかもしれません。そういった場合には、家族カードでETCカードを作るのではなく、個人のクレジットカードを発行する方法が適しています。

FXをするならMT4がおすすめ

外壁リフォームをするなら外壁塗装業者

ページのトップへ戻る